メニュー
公益社団法人みやざき被害者支援センター

文字の大きさ

トップへ移動
みやざき被害者支援センター_メインビジュアル

命の大切さを学ぶ教室
Learn the importance fo life classroom

トップページ > センターについて > 支援センターの活動内容 ≫ 命の大切さを学ぶ教室

「命の大切さを学ぶ教室」を開催しています

当センターは、24年度より宮崎県警と連携・協力し、中学・高校生等を対象とした「命の大切さを学ぶ教室」を開催しています。
この事業は、犯罪や交通事故の被害者が、家族への想い、命の大切さ、被害者も加害者も出さない社会を希求する想いなどを直接伝えることによって、被害者支援に対する理解を深め、被害者等への配慮や支援活動への協力意識を養うとともに、罪を犯してはならないという規範意識の向上を図るものです。

教室の写真

平成27年度 開催予定場所

教室の写真

平成27年 開催予定

4月 飯野高校
7月 赤江中学校
五ヶ瀬中等教育学校
10月 延岡星雲高校

平成26年 開催場所

4月27日 都農高校
9月10日 高鍋西小学校
11月12日 平岩小中学校
11月14日 田原中学校
11月17日 美々津中学校
12月7日 山田中学校
3月6日 木城中学校
3月11日 三ヶ所中学校
4月27日 都農高校
9月10日 高鍋西小学校
11月12日 平岩小中学校
11月14日 田原中学校
11月17日 美々津中学校
12月7日 山田中学校
3月6日 木城中学校
3月11日 三ヶ所中学校
教室の写真

受講した生徒さんの感想

今日は、お話を聞かせていただきありがとうございました。これからは、1日1日、いろいろなことに感謝し、命を大切にしていこうと思いました。ありがとうございました。
今日は、お話を聞かせていただきありがとうございました。これからは、1日1日、いろいろなことに感謝し、命を大切にしていこうと思いました。ありがとうございました。
身内の方が事故に遭われた話をされるのは、とてもつらいことだと思います。そんな中、私たちのためにお話をしてくださって、ありがとうございました。交通事故の恐ろしさや怖さに改めて気付かされました。お話を聞き、これから交通事故などに遭われないよう気をつけていきたいと思いました。
身内の方が事故に遭われた話をされるのは、とてもつらいことだと思います。そんな中、私たちのためにお話をしてくださって、ありがとうございました。交通事故の恐ろしさや怖さに改めて気付かされました。お話を聞き、これから交通事故などに遭われないよう気をつけていきたいと思いました。
私は、両親・兄妹や祖父母と仲良く暮らしています。このことが、当たり前のことだと思っていました。でも、この先、この中の誰か、私が交通事故にあったり、逆にあわせたりしてしまうかもしれません。そんなことは絶対にあってほしくないです。両親には親孝行なんて全然していません。いつもは反抗してしまうけれど、今度からは「ありがとう」の言葉をたくさん伝えていきたいです。命の大切さについて深く考えさせられました。本当にありがとうございました。
私は、両親・兄妹や祖父母と仲良く暮らしています。このことが、当たり前のことだと思っていました。でも、この先、この中の誰か、私が交通事故にあったり、逆にあわせたりしてしまうかもしれません。そんなことは絶対にあってほしくないです。両親には親孝行なんて全然していません。いつもは反抗してしまうけれど、今度からは「ありがとう」の言葉をたくさん伝えていきたいです。命の大切さについて深く考えさせられました。本当にありがとうございました。
公益社団法人 宮崎被害者支援センター 公益社団法人 宮崎被害者支援センター

〒880-0806 宮崎県宮崎市広島1丁目13-10
事務局:0985-38-7831

無料電話相談 0985-38-7830 無料電話相談 0985-38-7830
ページトップ